« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月29日

金魚を飼おう

 K悟が金魚すくいをして、3匹の小さな和金(フナみたいな形のやつ)をもらってきた。小さなビンに入れておいては可哀想なので、棲家を作ってあげることにした。
 実は、何かの雑誌で見かけたことを実行するチャンスだと考えたのだった。それは・・・

  『睡蓮鉢で風流に金魚を飼う』こと。

 睡蓮鉢とは、少々平べったい陶器製のボウルのような入れ物で、そこに水生植物を植えたり、生き物を飼ったりして楽しむことが、ガーデニング愛好者や都会のマンション居住者を中心に流行っているらしい。私、えふしまとしては、鉢に浮き草を浮かべて金魚を泳がせて楽しむという、『日本人の粋(いき)』を感じさせる点が気に入った。これなら、苦手な夏(←何せ生まれたのが、1年でいちばん寒い時期なもので)も、少しは楽しくなるというものだ。

 予算は、まあ3,000円あればおつりがくるだろう。最初に行ったホームセンターでは睡蓮鉢が売っていなかったため、やむなくごくノーマルな植木鉢を購入して、底の穴を『紙粘土』でふさいでみた。が、水漏れが発生して挫折。ビジュアル的にもちょっと・・・な感じだった。うーん、粋ってやつも難しいな。
 続いて別のホームセンター、『D2』の植木鉢売り場をのぞく。白い睡蓮鉢が何と500円で売られていた。見た目も涼しげでいい。なんだ、初めからここに来れば良かった。さっそく買って帰宅。
 きれいに砂利を洗って鉢の底に敷きつめ、日光で温めておいた水を入れる。そしてホテイアオイという、何か宇宙ステーションみたいな形の水草を浮かべて、準備完了。K悟に金魚を放流させる。

 初めは、コーヒーのビンから急に広い鉢に移され、金魚も戸惑い気味だったが、慣れてくると気持ち良さそうに泳ぎ始めた。

 気分的に涼しくなった感じがする。いやぁ何か日本人で良かった、俺。これ見ながらビールでも飲んだら最高じゃないかって、そんなことを考えた週末だった。

2006年07月23日

好き嫌いをなくそう VS卵かけごはん

 ブログ初回で書いたとおり、自分は非常に食べ物の好き嫌いが多い。それを克服することを目指す、『戦う男の姿をレポートする』ことが本来のこのブログの趣旨だったはずだが、いつの間にやら、『三十代パパの日常をつれづれなるままに綴ったほのぼのエッセイ』と化しており、ついに先週はコウモリと真夜中に格闘してしまった。まったく『食=はらぺこチャンネル(みんな見てね!)http://www.harapeko-iida.com/』とは関係がなくなってきている。

      ま、いいか。こっちの方がウケてるみたいだし。
 
 しかし、たまには本来のテーマに取り組もう。

 さて、ここから本題。今回の敵は『卵ごはん』である。たぶん、日本人の大多数、特に子供は『好き』と答える物件であろう。最近は、『卵かけごはん専用しょうゆ』、『卵賭けごはん専用卵』なんて商品も販売されているらしい。しかし、えふしま的にはあのズルズル感があまり好きじゃない。ただ、先日何気なく見ていたテレビ番組で心を動かされる卵ごはんがあった。
 16日に見た『いまどきごはん(司会の小倉さんのちょっと不自然な髪に注目!)』に出演していた橋下弁護士(6人の子持ち。すごいなあ)が紹介していた、卵の黄身だけを取り出して、しょうゆに漬けておくという代物である。で、昨日試しに漬けたものを、さっそく朝食に食べてみることにした。
 しょうゆを結構吸ったのか、半熟ぐらいの固さになっていて、うまくご飯と混ざらない。卵が小ぶりだったせいかもしれない。今後の反省点としよう。
 パクッ一口食べる。けっこう旨い。苦手なズルズル感がなくて、自分にはいい感じだ。俺、これ好きかも。ただちょっと味は濃いので、調整が必要だ。

 結果、卵ごはんを克服・・・したことにする。今度はもう少し大きな卵で試してみよう。

2006年07月21日

FMラジオショッピング♪

 以前から気になっていた商品を買った。その名は『ソラデー3』。FMラジオショッピングでさかんに『すごい!歯がツルツルになる!』と宣伝している歯ブラシである。
 スペックはこんな感じhttp://www.kk-shiken.co.jp/s-sola3.html。ホームページの説明を読む限り、コイツはとんでもない代物である。半信半疑で購入してみたが、論より証拠、早速使ってみることにする。

 半導体を水に濡らすとそこから電子が発生し、柄のソーラーパネルに光に当たると、ここからも電子が発生して、この2つの働きで歯垢をきれいに落とすらしい。さて、いつもやっているように、ごく普通に磨き、口をゆすぐ。そして舌で歯を触ってみる。

           『うわっ、全然違う。歯ツルツルじゃん!』

 効果絶大だ。ヌルヌル感(歯垢がついている感じ)がまるでない。こりゃすごい。いつもラジオショッピングの案内役の胡散臭さに購入をためらっていたが、もっと早く買っときゃよかった。でも、これからは歯を磨くことが楽しみになりそうだ。

 サラデー3、少々お値段は高いですが、是非皆さんにもお使いいただきたい一品です。

2006年07月16日

真夜中のできごと

 夜中、缶ビール(すみません、ちょっと見栄を張りました。発泡酒です)を飲みつつ、ひとりでF1中継を見ていると、突然巨大な黒い物体が部屋に侵入し、旋回を始める。『蛾か?』ヤツは大の苦手なので、転げるように部屋の隅に避難し、じっと様子を探る。
 おかしい。蛾の飛び方じゃない。蛍光灯の方にも近づいていかないし、壁やふすまにも全然ぶつからない。その時、ハッとある生き物の名前を思いつく。

           『・・・コウモリ!?』

 ありえねぇ。一般のご家庭の居間をコウモリが飛び回るという、全く有り得ない状況に思考がついていけず、動物相手に 『おまえ、どこから入ってきた?』と質問してしまう。しかし、日本語(というか人間語)が通じない相手は、当然答えてくれない。しかしお互いの幸せのため、君にはここから出て行ってもらう必要がある。

 窓を開けてみたが、全然出て行く気配はない。次に近くにあったおもちゃ箱のフタを振り回した(←何やってんだ俺)が、相手は巧みに攻撃をかわす。・・・こうなったら仕方がない。台所からホウキを持ってきて構えを取る。
 タイミングを計って一閃、ホウキの穂先がコウモリを叩き落とす。

        『安心しろ、峰打ちだ。』
 
 しかし、コウモリは強烈なカウンターの一撃を食らったようで、手足をヒクヒクさせて気絶している。今がチャンスだ。タオルでやさしく包んで保護(捕獲)し、玄関先に放す。

 やれやれ、一件落着。ビールじゃなくて発泡酒に口をつける。・・・ぬるい。ドタバタ劇の間にすっかり温くなってしまったようだ。テレビに目をやる。えっ、琢磨いないじゃん。いつリタイヤしたん?すっかり疲れたので、もう寝ることにしよう。

2006年07月07日

カンナバーロに捧ぐ

 サッカーのワールドカップも佳境に入り、決勝戦は『イタリアVSフランス』という組み合わせになった。開幕前の予想で、優勝国をイタリアとした私としては、何としてもアズーリ(伊代表の愛称)に勝ってもらいたいところである。
 さて、そのイタリア代表が場の空気をまったく読まず、開催国のドイツを完全に叩きのめした(なんてったって延長後半の残り1分で2点取るっていう素晴らしさ)準決勝で、こんなエピソードがあったと、スポニチワールドサッカープラスhttp://www.sponichi.co.jp/wsplus/が報じていた。以下はそこからの記事の抜粋である。

カンナバーロ、ピザのうらみだ 
 イタリアとの決戦を控え、ドイツ地元紙が『ピザを食べるのはやめよう』と国民へ提案。ピザ発祥の地ナポリ生まれでピザ店経営で知られる、イタリア代表のキャプテン、カンナバーロ(ちなみに今えふしまが最も好きなサッカー選手)は、試合前に『親愛なるドイツ人よ。あなたたちは何を失うのか分かっているのか?』と皮肉交じりに“警告”を発し、痛烈な結果でお返しした。

 最高(笑)。しかし確かにあの試合、カンナバーロは素晴らしい動きで、特に2点目につながったパスカットなんて、何でディフェンスの選手がそんな高いポジションにいるのってぐらい、キレキレだった。しかし、まさか活躍の裏に『ピザのうらみ(まあ、元々世界最高レベルの選手なんだけど)』があったとは・・・。とにかく、イタリア人に向かってピザを馬鹿にしてはいけないことが良く分かった。

 きっと決勝でもイタリア代表及びカンナバーロはやってくれる。ジダンが有終の美を飾ることを世界中が期待する中、サクッと完封して勝ってくれる・・・はずである。 
 

2006年07月05日

17時すぎの風景

 ケンイチ課長、はらぺこボス、えふしまの3人で、真剣な議論が交わされる、17時すぎの会社の風景。テーマは・・・

  『今後の仮面ライダーカブトの展開について』

 ちなみに全員30歳オーバーである。