« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月31日

大晦日に行列に並ぶ

今日は大晦日。えふしま一族全員集合し、お年取り(って他の地域でもいうのかな?)をするのが恒例である。母に頼まれ、回転寿司屋に注文しておいたタライを取りに行く。

予約しておいたから、すぐに受け取れるだろうって思っていたのが甘かった。店内に入った途端、行列ができている。去年だったか一昨年だったかに来た時は、スムースだったのに・・・。まあ仕方ないか。おとなしく最後尾につく。

並びながら様子を観察していると、店員さん達(パートのおばちゃん3名、女子高生のバイト3名)が仕事に慣れていないのか、非常に段取りと連携が悪い。なぜ受付口を2本にしない?店長はどこ?受付役と品出し役を明確に分けたらどうだ?何を予約したのか全部先に確認しちゃった方が早くない?いっそ品物ごとに受付口を分けちゃうってのはどう?

何かだんだんイライラしてきた。仕事柄、作業の効率とか手順といったものがとても気になる。

『俺に仕切らせろや。(時給1,000円ぐらいで)』

こんな言葉のどの辺りまで出かかったが、ぐっと我慢して、おとなしく行列に並んだ1年最後の日の夕方だった。

2006年12月24日

いつかのメリークリスマス

いつもはほとんどお客様の来ない、バイト先のホテルのイタリア料理店。今夜に限っては幸せそうなカップルで満席だった。厨房は、各テーブルの料理順を書いた紙がびっしりと貼られ、正社員、アルバイト、それに他の部署からのヘルプメンバーがひしめき、殺気立っていた。

シャンパンを注ぎ、舌を噛みそうなお洒落な料理の名前を(作り)笑顔で伝え、テーブルの上に置く。そんなことを3時間繰り返していたら、店は閉店時間を過ぎていた。
続いて、ルームサービス業務にまわる。さっきまでディナーを食べていたカップルが宿泊する部屋へ、オーダーがあった料理を運ぶ。だんだん憂鬱になってきた。他のみんなも同じらしく、ぜんぜん会話が弾まない。

ルームサービスの終了時間になった。みんなで余ったシャンパンを浴びるように飲み、七面鳥を切り刻んで食べまくる。ケーキもがっつり頂く。今夜のストレスを一気に発散する大騒ぎである。皆半ばヤケになっており、メチャクチャ盛り上がった。

すべてが終わった後、生ゴミを捨てるため裏口から外に出る。静かに降る雪が目に飛び込んできた。とても綺麗だった。

何故か、ふと思い出した、14年前のクリスマスイヴ。

2006年12月21日

時の過ぎ行くままに・・・

本日、このブログのカテゴリーに『ガンダム』と『特撮』の2つを追加した。しかし、1年前に上司から指示されたブログのテーマは、確か『食について』だったような気がするが。まあ、いいか。

『年年歳歳花相似、歳歳年年人不同』

って言葉もあるし。人間は変らずにはいられないってことだ。

2006年12月14日

反抗期?

U希が生まれて約1ヶ月、これまではお義母さん、妻Mがお風呂に入れてくれていたのだが、今日初めて自分が入れた。

えーと、確かK悟の時は・・・、左手を首の後ろに回して、水が耳に入らないように指でふさいで、ガーゼで洗ったよな。

お湯の中に入れたとたん、眉間にシワを寄せる(生まれた時からのクセ)U希。お義母さんは、U希がお風呂の気持ちの良さに、寝てしまうこともあると言っていたが・・・。今日はいつもと様子が違うことを敏感に感じ取ったらしい。何だか物凄い緊張感がこちらまで伝わってくる。

大丈夫、リラックス、U希。やさしくガーゼで体を拭いて、落ち着かせようとしてみたが、まったく状況は改善しない。U希は、左の拳を変色するまできつく握り締め、パンチを繰り出す。さらに体を反り返らせ、カエルのような動きの両足蹴りを父の胸に食らわせる。何とかして逃げ出したいらしい。

いきなりの反抗期か?

K悟はこれで大丈夫だったんだけどなあ。『個性』というものを感じた夜だった。

2006年12月13日

プレゼント変更

K悟の気が変わり、クリスマスプレゼントが変更される。

バンダイ メガブロック RX78-2 ガンダム

gundam_01.jpg

メーカー小売希望価格8,925円(税込)はひとまず置いておくとして、K悟、本当にいいのか、これで。息子が立派なガンダム好きに育っているのは正直嬉しいが、父は知らんぞ、

『信じたくないものだな。若さゆえの過ちというものは・・・(シャア・アズナブル)』

な状態になっても。まあ、いいか。K悟がガンダムなら、自分はシャア専用ザク買おう。

zaku_01.jpg

画像はバンダイのホームページより引用

2006年12月11日

アムロ、行きまーす!

現在、物凄く後悔の念に苛まれている。何をって?それは、昨日の夕方のラジオ番組『あ、安部礼司』(詳しい内容は⇒http://d.hatena.ne.jp/tkuwa34/)を聴かなかったこと。

ガンダムネタ満載だったらしい。『親父もぶたれたことないのに』といった、名セリフが各所に散りばめられ、流れた曲もガンダム系中心、とどめは『安室礼司(アムロ・レイジ)』ってキャラまで登場(声は当然古谷徹さん!)。うわー聴きたい。・・・だれか録音していませんか。

2006年12月09日

映画を見に行く

明日はK悟の誕生日ということもあり、2人で映画を見に行く。当然『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』、である。しかし、全国的には夏休み公開の映画を12月に映画館で見ることができる飯田って・・・。まあ、いいか。映画館はガラガラで、うちを入れて4組しかいなかった。


詳しい内容は、ネタバレになる(もう知っている人も多いと思うけど一応)ので省くが、10年前にウルトラマン、セブン、ジャック(帰ってきたウルトラマン)、エースの4人がかりで、神戸沖の海に封印した超獣が復活し、ウルトラ兄弟(レオ、80除く)が総動員でやっつけるというストーリーだった。

CGを多用しており、テレビ番組とはまた一味違ったスピード感、躍動感に溢れていた。興奮のあまり、ウルトラマンエースの歌を歌いだすK悟。その口を速攻でふさぐ父。
いやあ、なかなか楽しかった。NTTのCMじゃないけど、親子が同じ話題で盛り上がれるというのがいいよな。

で、K悟はどのウルトラマンがよかったの?

『タロウ!』

なぜ君はラスト3分ほどしか出番のなかったヤツの名を挙げる?

帰るぞ。階段を上って出口に向かう。なぜか売店でポケモンのカレンダーを買わされ、家路についたのであった。

2006年12月07日

アンパンマンからのお誘い

家に帰ると、ポストに1枚のはがきが入っていた。アピタ飯田店からだ。
歳末の売り出しの案内とともにこんな文が・・・。

12月10日(日) アンパンマンショー 開催

ちょうど1年前か。寒風吹きすさぶアピタの屋上で、修行僧のごとく震えながらヤツのショーを見たのは。
しかし、なぜ毎年この時期なんだ。5月とか10月とか、もっと気候的に楽な時期にしてくれりゃいいのに。

・・・今年はやめよう。K悟にも内緒にしておこう。

2006年12月02日

ギムレットには早すぎる

本日は会社の大掃除、その後スポーツ大会(卓球)、さらに忘年会という行事の1日だった。

さて、忘年会はお開きになったが、もう少し静かに1人で飲みたい(基本的にひとりで行動するのが好きです)気分だったので、DARKhttp://www.harapeko-iida.com/shop/dark/index.htmlというバーに行く。

そんなに頻繁に行っているわけじゃないが、店内に飾られたウランガラスが、ブラックライトに照らされて、黄緑色に光っている幻想的な雰囲気が心地よい。そしてマスター(でいいんだよな呼び方)のタケオさんと話をするのがとても楽しい。

今日は、身近な人の死とか、そうしたことに直面した時の気持ちとか、そんな結構ヘビーな話をした。気付くと、大して強くもないのにギムレットを2杯も空けていた。あ、二日酔い確定。

2006年12月01日

面談会に行く

仕事を15分ほど早めにあがらせてもらう。K悟の保育園の面談会(保育園に出かけていき、先生と1対1で子供の様子について話し合う場)があるためだ。妻MはU希の世話で大変(まだクルマの運転もできない)なので、自分が行くことになった。

保育園に着く。17時すぎの予定のはずだが、まだ先生と他のお母さんが話し込んでいる。少しスケジュールより遅れているようだ。しばらくの間、遊戯室(体育館みたいなトコ)で先日の運動会の写真の注文をしながら待つことにする。

待つこと20分。自分の番となり、うさぎ組の教室に入る。みのる先生と向かい合ってイスに座る。って先生、イスは園児用のじゃなくてもいいような気が・・・。バッタが後ろ足を折りたたんだような妙な格好で、男2人が対峙する。

『で、どうですか、うちの子は?』

実はU希が生まれたことでK悟にストレスが溜まり、それが保育園で何かの行動で出ていないかが心配だったのだが、どうやら大丈夫らしい。安心する。

その後、いろいろと話をして、K悟の様子がしっかりと見えてきた。クラスでは皆に慕われるような存在で、注目を浴びるのが大好きらしい。それにいろんな遊びを考えることも好きみたいだ。反面、常に楽しい方に関心がいってしまい、準備や片付けに時間がかかる(急ぐって意味が当初よく理解できなかったらしい)こともある。

つまり一言で言うと、『マイペース』ってことか。まあ、そうは言ってもまだ3歳。そのうち何とかなるだろ。とりあえず、悠然と構える器の大きな漢(おとこ)だとプラス発想でとらえることにする。

時間になったので、先生に今後のお願いをして帰宅する。こうして初めての面談会は終了したのだった。