« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月30日

大物を釣る

ゴールデンウィークも中盤である。今日はお義父さんに誘ってもらい、大鹿村の『つり天国』という釣堀に出かける。子供の頃、1回だけ行ったことがあるが、あまり釣れなかった記憶がある。果たして今回はどうなのか、少々不安になる。しかし、長男K悟は釣れると信じて疑わない。

山道を走ること1時間、つり天国に到着。自分たちの他にお客さんは1組だけだった。時間が早いせいか、意外と空いている。

早速釣竿を借り、練り餌を針(かえしは付いていない)に付けて、K悟といっしょに竿を持ち、底まで透き通ったきれいな池に糸を垂らす。池にはヤマメ、ニジマスがうようよ泳いでいる。何故か、いきなり竿を何度も水面に叩きつけるK悟。何だそれ、それじゃ釣れるもんも釣れんだろ。

見かねたお義父さんが代わってくれる。いきなりニジマスがエサを食い、瞬間、ピッと竿を引く義父。とんでもない早業だ。竿を手渡されたK悟が奇声を上げながら、竿を引っ張って魚を釣り上げた。
かえしが付いていないので、針が外れて陸上をのたうちまわるニジマス。よし、俺の出番だ。ニジマスを捕まえ、バケツに入れよう。魚に手が届こうとした時、手のひらに激痛が走る。いてぇ、何だ、どうしたんだ。見ると手に釣り針が刺さっている。興奮覚めやらぬK悟が釣竿をぶんぶん振り回していたため、とばっちりを食ってしまった。おいK悟、父を釣ってどうする。

その後もお義父さんの神業は続き、あっと言う間に10匹近い釣果を上げる。自分は魚をバケツに入れただけだった。まったく役に立っていない。

それを池に併設された食事スペースの囲炉裏で塩焼きにし、焼けるのを待つ間、刺身で頂く。すぐ横に生えていた山椒の木から葉っぱをむしり、上に乗せてみたら大変美味だった。

こんなゴールデンウィークもいいな。

2007年04月28日

ディズニーランドは遠すぎる!

さて、ゴールデンウィーク突入である。今日から10日間ほど、日本中いたる所が大混雑するのだろう。そういえば一昨年は、東京ディズニーリゾートに行ったっけ。しかし、大きなネズミさんアレルギーの自分がよく出かけたよな。などと思い出していたところ、ネットでとんでもないモノを見つける。

中国の国営アミューズメントパークについての記事
http://www.afpbb.com/article/1528294?offset=0

やってくれるぜ、中国。国を挙げて、あの版権に関しては鉄壁のディズニーに喧嘩を売るとは・・・。
『著作権? 使用許可? 聞いたことないアルね』って感じですか。それとも、この前の上海の自動車ショーの時と同じく、独自のデザインと言い張るつもりですか。

『ミッキーが原因で米中の関係に緊張が走る』なんてことないよな。

2007年04月22日

ロハスなあいつ

昨日、今日の2日間、高名な経営コンサルタントである、F先生が主催した、飯田市南信濃地区(旧南信濃村)でのロハス(地球環境保護と健康な生活を最優先し、人類と地球が共栄共存できる持続可能なライフスタイル)体験のツアーに参加した。
総勢は30名ほど、皆さん、日本全国(遠く種子島からも参加された方もいた)から、何時間もかけて来られた方ばかりだった。愛車プレオで峠道をガンガン攻めつつ(しかも、なかば強引に5台ほどオーバーテイク)、同じ市内から40分弱ほどでやって来た自分がちょっと申し訳ない。

2日間のロハス体験は以下のような内容だった。 

・昔の街道跡(秋葉街道)の散策。
・埋没林(奈良時代初めの大地震で川の底に沈んだ木)の見学。
・70年ほど前に建てられた木造校舎で講義を受講。
・地元住民(←まあ一応自分も地元ではあるが)の方々と山肉(猪、鹿、熊など)料理を食べて歓談。
・霜月祭り(千と千尋の神隠しのモデルとなった)に関する資料等の見学。
・木材加工会社での木工体験。
・そば打ち体験。


で、体験してみての感想。

飯田で暮らすということがすでにロハスであると知った。(一緒に参加した、うちの社長も全く同じことを言っていた)都会から来られた方は、ひとつひとつの風景、料理、イベントにとても感激されていたが、自分には今回のツアーと日常生活がほとんど変わらなかった。この長野県の山の中に住んでいる人々は、昔から自然とうまく折り合いをつけながらやってきたってことか。

もうひとつ。地元の人間でありながら、地域の歴史に無知であったことを思い知らされた。こちらの生まれではない、F先生の方が本当に詳しかった。これは正直恥ずかしかった。改めてちゃんと勉強しよう。

なかなか貴重な体験ができた2日間だった。


おまけ:ロハスについてもっと知りたい方は、こちらをご覧下さい。
http://www.lohasclub.jp/what_is_lohas/top.php

2007年04月09日

冷たい男

新入社員研修が終了して気が緩んだのか、子供からインフルエンザをもらったのか、体調が悪く、会社を早退して帰宅する。何だか熱っぽい感じがする。妻Mから差し出された体温計で熱を測ってみる。

・・・36.1℃!?

あ、あれ、おかしいな。『ちゃんと脇に挟んでなかったんじゃないの?』と妻Mに子供相手のようなことを言われ、再度測りなおす。

・・・35.9℃。

おい、さっきより下がってるじゃん。大丈夫か、俺。確かに平熱低いけど、これはちょっと別に意味で不安になってきた。さっさと寝よう。

2007年04月08日

好きなテレビ番組

無事終了した、新入社員研修の報告書を書きながら、本日行われた統一地方選挙の特番を見ている。私えふしまは、昔からこの選挙特番っていうやつが大好きである。リアルタイムで移り変わっていく状況、政治評論家の冷静な分析、落選した候補者のおっさんの泣き顔、ちょっと考えただけでワクワクしてしまう。だから、絶対選挙には行く。その方が100倍は番組が楽しい。

こんな自分、変ですか?

2007年04月04日

新入社員研修の先生

昨日より3日間の予定で、飯田市周辺の企業の新人を対象にした、新入社員研修の講師を務めている。今年で7年目である。体調の悪さはまったく改善されていないのだが、まあ仕方ない。スレッガーさん風に言えば、『悲しいけど、これ仕事なのよね』って感じだ。ブログに寄せられた大学時代のツレのコメント(みんなサンキュ。泣きそうになった)を励ましに、今日も教壇に立つ。

しかし相手は27人、高卒の子の中には、何と平成生まれ!もいる。正直厳しい。これを乗り切るため、毎年、明るく笑顔を絶やさないプラス思考の先輩キャラという、自分と性格が正反対のキャラを演じている。その反動が研修後に必ずやってきて、立ち直るのに苦労するのである。

『ごめんね、研修を受けている新入社員の皆さん。俺、ホントはこんな人間じゃないんだ。』

と、心の底で詫びながら、カリキュラムを進めるのであった。

2007年04月03日

32

仕事を終えて家に帰ると、テレビが32型の薄いやつ(日立のWOOO)に替っていた。

むう、さすがに大画面、今までのブラウン管の20型とは迫力が違う・・・って、そうじゃねえ。何でこんな物が家にあるんだ。妻Mに確認する。

『お義父さんが買ってきてくれた』

3月いっぱいで定年退職したえふしま父がヤ○ダ電機で購入し、家に来て配線までしてくれたらしい。それもK悟の

『じいじ、僕、大画面のテレビがいいな』

一言が決め手だったとか。

親父、どれだけ孫に甘いんだ。まあ、何か定年後に買ってくれそうな気配は感じていたものの、さすがにテレビはやりすぎだろ。

あわてて実家に電話すると、親父は一言、

『まあ、気にするな』

気にするなってそりゃ無理だろ、親父。今まで俺達のために働いてくれたんだから、せめて退職金は自分のために使ってくれ。しかし、親父は軽く受け流すだけだった。

30過ぎても子供扱いか・・・。今度、高くて旨い酒でも買って、お礼に行こう。