« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月24日

僕、イケメン!?

 家族で『かっぱ寿司』に夕食を食べに出かける。まだ18時前だというのに、『待ち』のお客さんで店内は混んでいる。飯田の人間は他に行く所ないのか?と自分を棚に上げて思う。
 機械から整理番号を受け取る。30番か・・・。だいぶ時間がかかりそうだ。席に座って順番を待つことにする。

 待つことしばらく、退屈してきた次男U希(1歳児)が席周辺をトコトコ歩き出す。とたんに『可愛い子』と見知らぬおばちゃん、おばあちゃん達から声があがる。その言葉をちゃんと理解しているのか、そっちの方を向いてニコニコと満面の笑みを浮かべるU希。うまい、うますぎるぞ、U希。生まれて1年ちょっとにして生きていく術を身につけている次男に、父は脱帽である。

 ん、何かを見つけたかのように急に歩き出すU希。そしてわざとらしく転倒。さらにチラッと上目づかい。その目線の先には・・・とてもきれいなお姉さん!!

 おい、さすがに色気づくにゃ早過ぎるだろ。しかもお姉さん、彼氏との会話に夢中で全く気がついてないし。

 他のお客さんの迷惑になるので、連れ戻そうとしたところ、呼び出しのアナウンスが流れる。未練たっぷりのU希を抱き上げ、指定されたテーブルに向かうのであった。

2008年05月23日

ありがとうございます

 以前お付き合いのあった2社の県内企業より、新しい仕事のご相談が立て続けに入る。2社の方とも自分に対して高い評価をして頂き、大変恐縮する。当時は苦しいこともあったが、頑張ってよかったと心の底から思う。このところ気分の浮き沈みが非常に激しかったのだが、やる気が体中に満ちてきた。

 ご指名、本当にありがとうございます。またぜひ一緒にお仕事をさせて下さい。
 

2008年05月19日

ふっ、士郎め。

 元祖グルメ漫画 『美味しんぼ』 の海原雄山と山岡士郎の親子が仲直りしたことを知る。
 まだケンカしてたの?って点はさておき、ついに基本フォーマットを崩したこの漫画は、今後どうなるのか。これからは両者の弟子同士、良三くんと飛沢(だったっけ?)の対決でいくらしいが、それで果たして盛り上がるのか。俄然興味が湧いてきた。
 

2008年05月15日

至福の時間

 うちの会社が創立20周年を迎え、記念の講演会を開催した。

 講師をお願いしたのは、白井一幸さんである。現役時代は日本ハムファイターズの走・攻・守三拍子揃った二塁手として活躍。昨年までの5年間ヒルマン監督の下、ファイターズのヘッドコーチを務められ、今年からメジャーリーグのカンザスシティロイヤルズのコーチに就任された物凄い方である。

 講演のテーマは『やる気に満ちあふれ、全力を尽くす人材を育てるには』。

 二軍監督時代当時のエピソードを中心に、コーチングの手法を取り入れながら、どうチーム改革(特に指導スタイルの転換)を進めていったのかを、時に演壇で体を動かしたり、ユーモアを交えたり、受講者の方への問いかけをしながら、お話ししていただいた。(詳しくは当社社長のブログをご覧下さい。http://fshimatya.cocolog-nifty.com/

 本当にあっという間の90分だった。会場内の全員が白井さんのお話に引き込まれ、13:30スタートという時間にもかかわらず、180人のだれも居眠りをしていない。目を輝かせて聞いている。講演会で『もっと話が聞きたい』と思ったのは、初めての経験だった。

 しかし、自分にとってはその後が楽しみで楽しみで仕方なかったのである。それは夕食をご一緒できること。白井さんは現役時代、そしてコーチとしても素晴らしい実績を残された方。野球大好きの自分にとっちゃ、まさに夢のような時間である。

 うちの会社のスタッフ5人と白井さんをお招きするにあたり大変ご尽力頂いた、地元企業の社長様(地元FMラジオ局にファイターズ応援番組を持つほどのハムファン)で白井さんを囲む。

 色紙にサインをいただき、写真もいっしょに撮ってもらった上、さらに白井さんへ質問をしてしまう。それに嫌な顔ひとつせず、ひとつひとつ丁寧に答えて下さる。今年鳴り物入りで入団した中田選手はどうなるのか?ダルビッシュ投手はどのくらい凄いのか?等々・・・。

いやあ、男34にして大感激である。

 楽しかった。本当に心の底から楽しかった。何か明日から前向きに頑張れそうだ、俺。

2008年05月06日

GW最終日の有意義な過ごし方

 本日4連休の最終日。昨日の雨も上がり、空は晴れていいお天気である。

 しかし、なぜ俺は『アリキンチョール』片手に羽アリ(シロアリの飛行型)と死闘を繰り広げているのだろうか・・・。

2008年05月03日

野球観戦2008

 今年も父と弟の3人で、ナゴヤドームへ恒例の野球観戦(←父、弟が阪神ファンのため、カードはいつも中日対阪神戦に固定)に出かける。例年は7月なのだが、今年はゴールデンウィークの真っ只中である。
 これまでナゴヤドームの野球観戦で阪神が勝ったことがない。しかし、今年のタイガースは開幕ダッシュを決め、絶好調である。果たして今年はどうなることか。まあ、第三者のヤクルトファンの自分としては、試合が面白ければそれでいいや。

 かなり気合の入った阪神ファンのお兄さんたち(7 MAYUMI とか 10FUJIMURAのユニフォーム着ていた)の横を通りながら、3塁側の4階席に到着。すでに到着していた従兄弟のノブくん(ドラファン)と合流する。

 さて、本まで出した今や大人気マスコットのドアラが会場を盛り上げる中、15時に試合が始まる。初回阪神の攻撃。二番の平野がヒットで出塁後、広島から移籍してきた新井がレフトスタンドギリギリのホームランを放ち、いきなり2点の先制!!むう、今日はいけるんじゃないですか、タイガース。頼む。1回ぐらいうちのオヤジにいい夢見せてやってくれ。

 自分の願いが通じたのか、着々と点を重ねるタイガース。本日絶好調(終わってみれば4安打)の平野の3ランが出た時は、ドーム内が一瞬静まり返った。
 で、結局阪神の完勝。いやあ、良かった(えふしま家的に・・・)。しかし今年の阪神は強いな。

 来年もまた家族で見に来たいと思いながら、球場を後にしたのだった。