« 2008年12月 | メイン | 2009年03月 »

2009年01月31日

No Limit

 三重県の桑名市にて栗城史多(くりきのぶかず)さんという人のお話を聞く機会を得た。詳しいプロフィールはオフィシャルサイトhttp://kurikiyama.jp/index.htmlを見てもらうとして、彼が今年の春にやろうとしていることの大きさに圧倒される。

 エベレスト単独無酸素登頂

 『登頂』の前に3つもすごいことがついている。エベレストに登るってだけでもかなりの冒険なのに、単独でしかも無酸素。

 栗城さんは北海道生まれの現在26歳。170センチを切る小柄な身長で筋肉は人並み以下(登山家なのに嫌いなものが『トレーニング』と『寒い所』)、登山が趣味だった彼女にフラれたことをきっかけに自分が山に登り始めた、なんて話を聞くと親近感を感じてしまう。本当に不思議な魅力に溢れた人だった。

 エベレスト単独無酸素登頂は、当然命を落とす可能性もかなり高い危険なチャレンジだ。達成してほしいが、それよりも、まず生きて日本に帰ってきてほしい。

 冒険の無事を心よりお祈りします。

2009年01月10日

夢のコラボレーション

テレビのリモコンのボタンを押し間違え、偶然NHK教育テレビが映し出される。

 『は、はに丸・・・!?』

はに丸だけじゃない、懐かしい教育テレビのキャラクター(じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろりなど)が勢ぞろいしている。昔だけじゃない、今の番組のキャラクターもいる。なんだ、これは?

新聞を見ると、どうも35周年の記念番組らしい。『みんなのうた』『おかあさんといっしょ』などで親しまれた新旧の歌を紹介する(しかも田中青児さんら歴代うたのお兄さん、お姉さんが歌うオリジナル)内容で、そこにキャラクターを絡ませるってことらしい。うわっ、のっぽさんも出てきた。スゲェ、この番組。録画しなかったことを心底後悔する。

しかし、本当のサプライズはエンディング近くになって訪れた。


 『ガ、ガチャピン、そしてムック!!!』


フジテレビが誇るツートップのまさかの登場に、状況が全く理解できない子供たちを置き去りにして、自分ひとりが大興奮である。
そして『できるかな』のごん太くん(確かどっかの大学に保管されていたはずだが、晴れ舞台に満を持して登場)に近づくと手をつなぎ、いっしょに踊る3人(3匹か?)。

こんな豪華な『クリーチャー夢の競演』を見られるとは、正直感動である。
あなどれんな、教育TV。

2009年01月04日

正月に見る富士は格別

 昨日より家族で諏訪市にきている。目的は昨晩の新年会。こちらに住んでいる友人たちと過ごす、恒例の行事である。

 諏訪湖に面したホテル、RAKO華乃井さんの広間半分を贅沢に使い、楽しい時間を過ごした。家族ぐるみでの会なので、それはもう大騒ぎ。ただひたすら大広間をぐるぐる走り回る子供の群れ。これだけ広いのに、はしゃぐなってのがムリな話か・・・。

 とても美味しい中華料理(フカヒレ頂きました)をがっつり食べながら、お酒を飲む。そして温泉に浸かる。実に良い正月である。

 で、今朝はホテルの4Fから富士山の姿を拝むことができた。知らなかった。諏訪から見れるんだ、富士山。やっぱり日本人には特別な存在だよな。

 世の中厳しいけど、何かいい年になりそうな気がする。