« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月09日

いろどり

 株式会社いろどりの横石知二さんの講演を聞く。いろどりは、『葉っぱビジネス』としてテレビなどの番組で大きく取り上げられ、とても注目を集めている、徳島県上勝町の会社だ。横石さんは、そこの代表取締役を務められている。以前、本を読んだことがあったのだが、今回、幸運にも直接お話を聞く機会を得た次第である。

 上勝町は人口2000人ほどで、高齢化率が50%弱という過疎の村。これといった産業もなかった。そこに横石さんが、料亭で料理を出す時に使われる葉っぱを栽培して売るというビジネスを根付かせたのである。この栽培の担い手は、おばあちゃんたち。今では月に100万円(!)を稼ぐ方もいらっしゃるそうである。

 創業時に自腹で料亭をまわって勉強した話、しくみをどう作り上げるかといった点、やってみる勇気といった内容は、多くの中小企業にとって、学ぶべきところが多いと感じた。
 横石さんの元気溢れ、ハリのある大きなお声を聞いていたら、自分がとても元気になってきた。まだまだ自分はやれる。そんな清清しい気分になった。

 

 

2009年04月07日

新入社員研修2009

さて、毎年恒例の新入社員研修の季節である。年齢的に体力的精神的にキツくなってきているが、今年も講師を務める。

今年の新人の皆さんの印象を一言で表現するなら、『覚悟を決めている』。

100年に1度と言われる状況で、それぞれの会社に入社するわけである。中には仕事がなくて、やむを得ず休業をしているところだってある。一刻も早く一人前になる。そんな決意が伝わってきた。

皆さんが幸せな社会人人生を送ることができるよう、その出発点に立ち会った者として、心からお祈りしています。

2009年04月06日

入学式

先月、無事保育園を卒園した長男K悟。今日は小学校の入学式である。
都会だったら、私立の小学校という選択もあるのだろうが、ここはなにせ田舎の飯田市。そのようなものは存在しておらず、みんな自宅のある地域の学校に進学する。で、うちの子は飯田市立松尾小学校に通う。この学校は、自分自身の母校でもある。

久しぶりに訪れた学校は、校舎などが増築されており、自分がいた時と少し違っていた所もあったが、理科の標本やはく製、体育館に掛けられた絵、学校独特のにおいは、昔のままだった。そして何より、校歌である。
歌詞がとても難しく、当時意味がさっぱり分からなかった(そしてなぜかチェッカーズのギザギザハートの子守唄のメロディにピッタリとハマる)が、卒業から四半世紀近く経って聞いてみても、やっぱりよく分からなかった。でも何かうれしい。

K悟の緊張と戸惑いと喜びの感情がごちゃ混ぜになった様子が、6歳の日の自分の姿とダブる。ここでたくさん、楽しい思い出を作ってほしいと心から思った。